誹謗中傷をされてしまったら?その事例と対策を紹介!

ネットの誹謗中傷はどうやって乗り越える?

ネットが発達して、掲示板等では匿名で何かを記載出来るようになりました。それを逆手に取ってから、誹謗中傷をするといった人も存在します。誰が書いたのかわからないというのが、ネットのデメリットであり、仮に誹謗中傷されたとしてもその当人がわからないので、不安になってしまうことがあります。しかし、然るべき対応をすることによって、その誹謗中傷を改善することが出来るので、しっかり対策方法を学ぶことが重要になってきます。

誹謗中傷対策の方法とは

誹謗中傷対策には様々な方法がありますが、掲示板であれば運営に通報するのが一番です。ブログ等に関しては、ブロック機能という物があるので積極的に利用してみるとよいでしょう。どちらも、IPアドレスをブロックすることになるため、今後同一のIPアドレスでは書き込みが出来なくなってしまいます。しかし、パソコンを変えたりスマホ等で書き込みをしたりすると、書き込めるようになるため、簡単な方法ではありますが、あまり対策にはなり得ません。

エスカレートしてしまった場合は?

誹謗中傷が酷くなってしまうと、住所を特定されてしまうこともあります。本名の特定までは百歩譲って良いですが、住所となると日常生活に支障を来してしまうこともあるため、気をつけなければなりません。仮に、そこまで誹謗中傷がエスカレートしてしまった場合は、警察のサイバー犯罪課に相談するのが一番です。具体的に、どういうことをされて困っているのかということを伝えると、犯人を特定して逮捕までしてくれるので、一番の対策になり得ます。

誹謗中傷対策とは相手の名誉や心を傷つける発言から自分の身を守る事をいい、現代ではいじめやパワハラなどの対策・予防にも繋がります。