ネットワーク監視は必要?メリットとデメリットとは

ネットワークが欠かせない企業の現場

ネットワークを社内に構築していないということはほとんどなくなりました。社内システムを構築することが増えているのも事実であり、様々な作業に特化した機器を導入してネットワークを使って運用していることも多くなっています。そのようなシステムは導入していないという企業であっても、社内LANを引いていることは多いでしょう。ネットワークなくして動けない状況があり、今や企業の現場はネットワーク技術によって支えられているのです。

ネットワーク監視のメリット

ネットワーク監視を行うメリットは企業の現場に欠かせないネットワークを安定させられることに他なりません。障害を予防し、障害発生時には大事に至る前に速やかに対処を行える状況を常に保っておくのがネットワーク監視をする意味です。一部のネットワークが破綻しただけで全ての業務が停止してしまうリスクのあるものもあるでしょう。それを常に安定して稼働させておけるようにするためにはネットワーク監視を行うことが不可欠です。

ネットワーク監視のデメリット

ネットワーク監視を行うのはメリットばかりではありません。デメリットとなることの筆頭はコストであり、24時間体制が必要であれば人件費の高さは比類ないでしょう。専門知識のあるエンジニアを起用しなければならないため、人件費を単価で見ても高くなるからです。また、外部からエンジニアを採用した場合には情報漏えいのリスクも抱えることになります。このような点も考慮してどのようにしてネットワーク監視を導入するべきかを考えるのが大切です。

ネットワーク監視とは、ネットワークにダウンやレスポンスの悪化が起こっていないかを常時監視することです。