要チェック!パソコンを中古から選ぶ時の注意点

中古パソコンは付属品が揃っているか確認

パソコンは新品の他に、中古から選ぶという人も少なくありません。しかし中古品からパソコンを選ぶ場合には、いくつか気を付けておきたいポイントがありますね。例えば中古パソコンを選ぶ際には、付属品が揃っているかどうかを確かめましょう。販売されているパソコンには、本体の他に取扱説明書や添付ソフトウェアのディスク、その他の付属品が付いていることが一般的です。中古品によっては、販売時に付属していた品が掛けている場合があるため、購入時に確認を要するでしょう。

保証期間内の長さが重要な中古パソコン選び

パソコンを中古で選ぶ場合、保証期間がどの程度かを確かめた方が無難ですね。中古のパソコンを取り扱っているショップでは、購入から一定期間は保証が受けられる場合が多いです。万が一購入した中古パソコンに問題が生じた場合には、無償で修理を受けることができます。中古パソコンは故障が失敗という人も多いですが、保証期間が長ければ安心できるでしょう。またパソコンの販売店によっては、有償ながら保証期間を延長できるサービスを提供している場合もあります。

中古パソコンの消耗品の状態のチェックは重要

中古でパソコンを購入するのであれば、消耗品の状態をチェックした方が無難でしょう。例えばノートパソコンを中古品から選ぶ場合には、バッテリーの消耗が気になる点です。バッテリーは使い続けるうちに劣化が進み、充電できる電力が少なくなります。たとえバッテリーの充電回数が少なくとも、経年劣化により消耗している可能性が高いです。そのため中古のノートパソコンを選ぶのであれば、バッテリーは新品に交換することを視野に入れて選んだ方がいいですね。

近年は持ち運びしやすいノート型に押されていますが、依然として大きな魅力を持つのがデスクトップパソコンです。後からビデオカードやメモリなどを拡張しやすいため、長く使い続けられます。