従来品を凄い勢いで駆逐中!LED照明の特徴3点

寿命が信じられないほど長いんです

LED照明とは、発光ダイオードを利用した新世代の照明装置のことです。青色ダイオードが発明されたことで、白色の明かりを生み出せるようになり、LED照明が世に生まれることになりました。LED照明の特徴のひとつが圧倒的な寿命の長さ。製造メーカーなどによって多少違いますが、最長で6万時間もの長さを誇るんですよ。LED照明は突然明かりが途絶えてしまうことは決してなく、徐々に暗くなっていく性質を持ちます。ですから業界においては最高光量の70%以下になるまでの時間を寿命と定めています。つまり、使おうと思えば10万時間以上でも使用可能。このように経済的な特徴を持つことから、LED照明は近年凄い勢いで普及が進んでいます。

ほとんど熱を発しません

LED照明のもうひとつの特徴はほとんど熱を発しないことです。従来の照明装置の全ては、手で触れないほど高い熱を持っていましたから、非常に画期的な特徴といえます。従来の照明装置を設置する際は、子供が火傷しないような配慮などが求められましたが、LED照明なら安全性を担保しつつ大胆なライトアップもOK。実際、ショッピングモールなどの内装は、LED照明のおかげで大きく様変わりしました。このように私達の暮らしに大きな変化をもたらしているLED照明のニーズは、今後ますます拡大することでしょう。

スイッチオンした瞬間に明るくなります

LED照明の3つめの特徴は非常に高い応答性。スイッチをオンしたら一瞬で室内を明るくできます。LED照明は、従来の発熱電球とは違う発光原理を持つため、このような特徴を得るに至りました。この一瞬で明るくなる特徴は様々な形で生かされているんですよ。たとえばセンサーで人を検知した瞬間、室内を明るくするシステムに最適です。従来品はオンオフの度に寿命が大きく縮みますが、LED照明は寿命が一切縮まりません。たとえば頻繁にオンオフが繰り返されるトイレや廊下の照明に採用することで、その特徴を最大限生かせることでしょう。

ledパネルの実用性は、今や多くの消費者から注目されており、様々な家電製品に応用されるケースが増えています。