もう迷わない!新入社員研修を成功させる秘訣

研修の目的を明確にしよう

新入社員を雇うことが出来れば、次は社員研修が待っています。しかしこの研修では何をすればいいのか分からないと頭を抱える人事は多いようです。とりあえず上から「研修をしろ」と言われ何となくそれらしきことをやっている会社もあるのではないでしょうか。しかし研修がしっかりと行えていなければ使える社員にはなりません。そのためにも研修の目的をハッキリとさせ、それに則って内容を決めていくことが非常に重要だと言えます。

新入社員に何を教えるべきなのか

新入社員への研修が非常に重要ではあるのですが、その内容は会社ごとに異なるものであり、結局のところ会社で決める必要があります。他の有名企業が行っている研修が自社でも効果があるわけではありません。自社の方向性であったり、強みや弱みを理解した上で研修内容を組み立てていくことが大切になります。もちろん、名刺の渡し方や電話の仕方のような基本的なビジネスマナーも重要ですが、それ以上に自社の特徴を抑えた研修が他社との差に繋がります。

どうしても組み立てられない場合は

会社の特徴はもちろん会社によって異なるので、自社で研修を組み立てるのが最も効果的なのですが、難しい場合は外注するのもアリです。最近の研修会社は基礎的なビジネスマナーのようなものだけでなく、会社の特徴に合わせた研修を行ってくれます。どのような人材を作り上げたいのか、というような要望を伝えることでオリジナルの研修を組み立ててくれます。多少のお金はかかってしまいますが、研修のプロなのでそれなりの効果が期待できます。

社員研修は会社の中でも重要な業務となりますが、目標を決めて実施することが大切です。例えば、なぜ仕事をするのか、団結とはないか、など語り実践に移す行動とはなにかを見出すことが大切です。