ネット上の誹謗中傷とは?その注意点や対策などに関して

ネット上の誹謗中傷とその対策の基本

様々な解釈がされていますが、インターネット空間において特定の個人や法人を侮辱したり個人の場合はプライバシーを著しく侵害されることと位置付ける人が多いですね。表現の自由があるので、基本的にはインターネット空間に何を書いてもいいのですが、あまりにもひどい内容のことを書いたら、その相手のことを名誉棄損の罪に問うことができますよ。誹謗中傷とされるメッセージの内容にもよりますが、社会的な信用を失墜させるような内容の書き込みであれば弁護士に依頼して告訴することが可能になります。

対策の具体的な取り方

刑事と民事の両方の分野で訴えることが可能なので、まずは誹謗中傷の内容を証拠として押さえることが重要なんですよ。この証拠がないと訴えることが難しくなってしまうのでスクリーンショットを撮影しておくとよいですね。印刷してその紙をもって行くのもよいでしょう。その証拠の画像をインターネット関連の犯罪に強い弁護士に見せるとよいです。それと並行して誹謗中傷の文言がかかれているインターネットサービスの運営者に削除依頼をすることも行いましょう。

警察にも通報しましょうね

サイバー関連の犯罪が増えていることもあり、警察はしっかり対策してくれるどころか専門の窓口も開設しています。県警本部や警視庁などの窓口に相談することで抜本的な対策をしてくれます。しかし、捜査の内容は各警察署によってかなり異なるので画一的な行政サービスをしてくれるというわけではないです。被害届を出す際に覚えておいた方が良いことは、しっかりした証拠を持っていくということです。いまいちピントがずれたものを持っていくと受理さ入れない可能性もあるので注意しましょうね。

ネット誹謗中傷は、放置していると被害が拡大してしまいますので、早い段階で弁護士に相談をしましょう。場合によっては刑事告訴をしたり、損害賠償をとれることもあります。