風評被害の現状と風評被害に対するこれからの課題について

風評被害の特徴について

風評被害は絶対に防がなければいけないことです。被害を受けている方からしてみれば、自分たちには何の非もないのにどうしてという気持ちになります。具体的な例を挙げると、大災害の時の被災地にはしばらく近づかない方が良いというような風評被害です。大災害にあったからと言って、全ての地域が大きな被害を受けているわけではないのに、お客さんが来なくなるということです。これは、大災害にあうよりもつらいことになります。

風評被害を防ぐためには

風評被害を防ぐためには、テレビやラジオなどのメディアが正確な情報をきちんと伝えなければなりません。メディアの影響は大きいので、いかにも被害が大きいというような報道をしてしまうと、人が行かなくなってしまいます。きちんと取材していないのに、推測だけで勝手なことを報道することは許すことができません。ただでさえ、大災害などで心が痛んでいるのに、さらに風評被害で追い打ちをかけるようなことがあってはいけません。

風評被害に対するこれからの課題

風評被害に対してきちんとした知識を持っている人は残念ながら、まだまだ多いとは言えないのが現状です。きちんとした知識を持っている人が増えてくることによって、風評被害の撲滅につなげることができます。大災害が起きてからしばらく経って、被災地に行くことができるようになったら、積極的に被災地に足を運んで、現地の状況を正確に伝える人が増えてくると良いでしょう。それによって、無用な風評被害を防ぐことができるのです。

風評被害対策に決め手はあるか、なかなか難しい問題です。確かに言えることは、風評被害に対応するには、客観的な事実を、積極的に発信することが必要です。